PRパブリック・リレーションズ

広告とPRって、どう違うの?

Knowledge

最終的には、どちらも 企業名・ブランド名・商品名などの認知アップを目的としていますが
「広告」と「PR」では、そのプロセスと浸透速度に違いがあります。
「広告」は、企業側が広告会社を通して能動的に広告枠を購入し、
伝えたい内容を発信するというプロセスです。もちろん実施したいタイミングで実施可能であり、
投下する費用が多ければ多い程、より広くより深くターゲットにリーチさせる事ができます。
「PR」は 例えば、善意の第三者(メディア)が 企業の紹介をしてくれたり、商品の良さを
説明してくれたりと、好意的に取り上げてくれるような“仕掛け作り”や“きっかけ作り”の
活動(情報提供)を指す場合が多いです。
好きなタイミングでコントロールが効く「広告」と違い、あくまで取り上げる取り上げないは、
メディアサイドのジャッジとなりますが、地道な情報提供を行う事によるメディアとの
良好なリレーション作りとしても「PR」は有意義な活動と言えます。

企業ブランドの認知向上・浸透には「広告」と「PR」の両輪での展開が必要である、と
私共スカイシーズは考えます。
スカイシーズは「総合広告会社」ではありますが「PR部門」も有しており、
お客様の「PR」のお手伝いもさせて頂いております

ご質問からご依頼までお気軽にお問合せください。

お問合せ