スカイシーズの強み総合広告代理店スカイシーズの強み

飽和状態にある広告業界に、何の資本のバックアップもない新たな“広告代理店”が誕生する事自体、非常に稀な事ですが、おかげさまで広告代理店スカイシーズは名古屋で発祥し、以来20年弱に亘り、数多くのお客様のご支持を頂き現在にまで至っております。それには、いくつかの理由があります。

スカイシーズをお選び頂ける理由

why


◇スカイシーズクレド その1◇
業界でも希少な押し売りなし”コンシェルジュ型”のご提案。 :自社の売りたい商材・媒体ありきの押し売り型のご提案は致しません。一口に広告代理店といっても、新聞メイン、求人メイン・・・と、ある媒体に特化した広告代理店が非常に多いのが現実です。そのような会社でも一律に「広告代理店」と称されるのですが、実際には、提案可能な商材や媒体に制約があるケースがほとんどです。しかし私共スカイシーズは、お客様にとって本当に有用かつ必要な商材や媒体(テレビ、新聞、雑誌、ウェブメディア、SNS等々の最適な組合せ)をご提案できる”情報発信・拡散のコンシェルジュ”です。更に、地域の制約もありません。名古屋本社ではありますが、北海道から九州までお客様のニーズを捉えた、ご要望に応じた最適なマーケティングベースの広告・PR戦略をスピーディーに提案させていただく事ができます。 私共スカイシーズのような、名古屋本社で商材・媒体の制約もなく、全国的な商材・媒体のご提案が できる「総合広告代理店」は数えるほどしかありません。特にテレビ局との繋がりは非常に強固です。その為、例えば、テレビCMのご出稿時においては、その強みを活かして数多くのお客様に高い評価を頂いております。 テレビCMに限らず、どのようなご提案においても、納得・満足いただける価格でご案内させて頂いております。このような価格交渉力を発揮できるのも、資本関係がない独立型・ベンチャーである1つの強みです。


◇スカイシーズクレド その2◇
合理的なアウトソーシングによる最高品質・満足価格保証。 一般的な広告代理店には、メディア部門、クリエイティブ部門などのスタッフ部門があります。例えばクリエイティブでは、その部門が外部の制作会社に外注する・・・といったケースが通例です。当然、このような部門の人件費が知らず知らずのうちにお客様へのお見積り金額に反映されています。また、人件費だけではなく、営業⇒クリエイティブ部門⇒外部制作会社と、そのやり取りが伝言ゲーム方式となってしまう為、時間も余分にかかり、場合によっては、お客様の本来の意図や要望が反映されにくくなってしまうという問題点もあります。このような業界特有の知られざる問題を解消するため、スカイシーズでは、メディア部門やクリエイティブ部門のスタッフ部門は設けておりません。広告プロデューサーである営業担当者が全てをコーディネート致します。お客様のご要望を一番理解している営業担当者が情報の中心となり、毎回最適なクリエイティブブレインをスタッフィングし、チームを構成。チームで120%の力を発揮します。営業担当者が全てをコーディネート、リードする為、お客様の意図やご要望が間違いなく反映されるだけでなく、従来スタッフ部門にかかっていた余分な人件費を削減し、非常にお値打ちな価格でのご提案が可能に。スカイシーズは、組織作りからこだわっております。 。


◇スカイシーズクレド その3◇
真のお客様志向 日本の悪しき広告商慣習の一つ・・・それは、スポンサーA社とスポンサーB社がいくらライバル関係にあろうが、A社にもB社にも出入りして広告の仕事をするという現状です。 広告の仕事は、お客様の未発表の情報を事前に頂き、お客様と一緒に世に出す広告を作り込んでいくという仕事が多いため、当然のように守秘義務が発生します。そんな立ち位置の広告会社がA社のライバルであるB社にも出入りしていたら、いくら営業担当者が違うといっても、機密情報は必ず漏洩してしまうのが世の常です。 私共スカイシーズは、仮にA社のメインの広告代理店としてご評価頂いているような場合は、ライバルB社に営業させて頂く事はありません。他社との差別化、競争力強化に繋がっているとのお客様からのお声も大変多く頂戴しております。


◇スカイシーズクレド その4◇
女性目線を外さない経営に貢献するご提案 あらゆるマーケットに占める女性パワーの割合は、実人口の男:女比以上に高いものです。 お客様の広告のお仕事をさせて頂く上でも、当然のように女性の感覚を持ち合わせていないと良い提案ができないケースが多々あります。 一般的に、総合広告代理店の営業は男性率が圧倒的に高いですが、スカイシーズでは、お客様目線での一番効果的な広告/PR戦略をご提案させて頂けますように、営業の男女比はほぼ半々の体制を維持し続けています。また、従来の広告代理店よりも一歩踏み込んだ、経営に貢献するマーケティングベースのご提案をさせて頂くために、女性コンサルタントや女性のマーケティングエキスパートとも提携しております。

ご質問からご依頼までお気軽にお問合せください。

お問合せ