TVテレビメディア

テレビスポットにも、繁忙期・閑散期があるってほんと?

Knowledge

テレビスポット展開の場合、一年を通して見ると流通業界のように「繁忙期・閑散期」があります。
テレビ局は「24時間」という限定された時間内でのビジネスのため、
CM枠量が毎月大きく変わる事はありません。
例えば、春の新年度時期や夏冬のボーナス時期は、消費活動が活発になるため、
多くのスポンサーがテレビスポット展開を計画します。
当然 需要過多になればテレビスポットの価格は上がります。
逆に、お盆やお正月には日本人は帰省などでお金を使うため、
お盆月の8月や、正月明け1月後半~2月前半にかけてはあらたな消費が期待できないので、
消費促進CMなどの需要は一気に下がり、よって供給過多になれば
テレビスポット価格は下がるわけです。

私共スカイシーズの営業は全員テレビの高い知識を有しているため、
クレバーなテレビCM展開のご提案をスピーディーに行えます。
現在も数多くのお客様のテレビ展開のお手伝いを、東京・大阪・名古屋を中心に北海道から九州まで
お客様のご要望のエリアにて進行中です。

ご質問からご依頼までお気軽にお問合せください。

お問合せ